9月下旬、今年3度目の北京視察をスピーディ社の福田社長らと行った。北京では、スピーディ社中国法人(星光速度国際文化有限公司)の役員でもある、投資家のTim Huang氏や女優の松峰莉璃さんと合流し、主としてショートムービー関係のベンチャーを見て回った。これから5G全盛の時代を迎え、インターネット上のコンテンツの主役は,確実に静止画からショートムービーに移って行く。日本と異なり、テレビよりもネット視聴が娯楽の中心となる中国では、KOL(Key Opinion Leader/中国版インフルエンサー)が活躍する広告宣伝など、ショートムービーが既に大きな流れとなっているのだ。

鋳造美術館でアーティスト黄河氏に会う

北京で最初に訪れたのは、鋳造美術館(Found Museum)というサイの金属オブジェが目につく、台湾の人がオーナーのアートスペースだ。そこではアーティスト黄河氏の作品を展示中だった。ミッキーマウスやヒットラー、毛沢東などをモチーフとして、白黒のモノクロームで描かれており、どれもかなり大きな絵だ。僕の好みにピッタリで、気に入ったが、残念ながら僕の家にはディスプレイするスペースがない。

北京のアートは、単なる美しさより社会的なテーマを表現したものが多いという。北京が中国政治の中心であることから、アーティストの関心も自ずと社会的・政治的なるものに接近していくのだろうか?

黄河氏の絵は、ほとんどがヨーロッパで売れるというが、展示するのに十分な壁面を持っている金持ちが多いということだろう。

TikTokのライバル、「快手」に行く

今回の北京での目的は、ショートムービー関連のベンチャーを回り、僕たちと提携できそうな相手を探すことと、エンターテインメント業界の要となる人達と人間関係を築くことだ。

中国でショートムービーのSNSと言えば、「TikTok」と人気を二分する「快手(Kuaishou)」が有名だ。運営しているのはBeijin Kwai Technologyで、評価額は150億ドルと言われている。日本では「TikTok」の方が馴染みがあるが、中国では「快手」も中国版のInstagramと言われ、負けていない。ちなみに快手とは中国語で、「てきぱきして仕事の速い人」と言った意味らしい。

「快手」は、要するに7秒から最大57秒までの動画を、簡単に投稿して共有できるアプリだ。

登録ユーザーは7億人とも言われ、アクティブユーザーも1億3000万人にのぼるという。テンセントからも出資を受けているユニコーン企業だ。

Beijin Kwai Technologyの本社ビルでは、とてつもなく巨大なエントランスに圧倒される。そこに顔認証サービスが設置されていて、中国人2億人分のデータベースからAIが似た人を探し出す。スピーディ福田社長が試みたが、妙な結果となって苦笑いしていた。

創業者でCEOの宿華(Su Hua)氏は精華大学出身で,ソフトウエア博士課程を修了後、起業を試みるも失敗。グーグルチャイナやバイドゥなどで技術者として成功を収めながらも、起業の夢をあきらめず2011年に仲間と現在の会社の前身を立ち上げ、そこから大成功の道へとひた走ることになる。

まだ30代の若さながら、北京でのサクセスストーリーの典型のような人物だ。

「快手」はアプリ内にゲーム機能やアバター機能なども加え、国際版「Kwai」も展開していて、さらにTikTokとの激しいつばぜり合いを演じようとしている。

日本のアニメにも注目しており、僕たちに仲介のオファーがあった。以前、直接日本アニメの調達に乗り出したが、商習慣の違いから挫折した経験があり、僕らに興味を示してくれたのだ。

画像: TikTokのライバル、「快手」に行く
画像: Beijin Kwai Technology本社エントランス

Beijin Kwai Technology本社エントランス

画像: 顔認証テクノロジーのデモ画面(左はスピーディ福田社長)似ているだろうか?

顔認証テクノロジーのデモ画面(左はスピーディ福田社長)似ているだろうか?

画像: 快手オフィス風景

快手オフィス風景

画像: Beijin Kwai Technology本社ビルエントランスで快手マスコットキャラクターと

Beijin Kwai Technology本社ビルエントランスで快手マスコットキャラクターと

This article is a sponsored article by
''.